レンズの種類別のメリットとは

 コンタクトレンズと一口で言っても、実に様々なタイプがあります。材質や用途の違いもありますし、ライフスタイルや目的を検討して、ご自身にぴったり合うタイプを選ぶ必要がありますね。

そこで、このページではコンタクトレンズの主なタイプをピックアップし、その特徴やメリットをまとめてご紹介します。コンタクトレンズに関する基礎知識として、まずはチェックしてみてください。

ソフトコンタクトレンズの特徴・メリット

ソフトタイプのレンズの特徴としてその名の通り、柔らかな素材で作られていて装着した時の異物感が少ないので、初心者でも慣れやすいレンズです。

サイズが大きめでフィット感もあるので外れにくく、スポーツをするとき等にも最適です。一方、ハードコンタクトと比較すると寿命が短く、乱視の矯正力もありません。ケアもハードコンタクト比較すると、すすぎの際に水道水が使用できない等、やや面倒かも…。ゴミなどの異物を感じにくく、目に傷が付いても気が付きにくいかもしれません。
また、ドライアイの方は乾燥が気になることもあります。

基本的には、寝る前にはずして専用のケア用品で洗浄・消毒・保存・すすぎ等のケアをし、翌朝また装着するという方法で使用します。

コンベンショナルタイプは、視力が変化せず、レンズが劣化しない限りおおよそ1~1.5年間は使用できます。1枚(片目分)1万円前後で販売されているものが多いようです。

1~1.5年間も使うことを考えるとお得になるので、コンタクトレンズを毎日必ず装着する方や、将来的にも長く使用することを想定している人にピッタリのタイプですが、毎日のケアが面倒に感じる方にはおすすめできません。

ハードコンタクトレンズの特徴・メリット

ハードコンタクトレンズの特徴として硬い素材でできており、黒目より小さなサイズのレンズです。

目の中でよく動くのが特徴。涙の水分が瞳に行きわたるので、目への酸素供給がスムーズに行われ、素材的にも酸素を良く通すので瞳に優しいレンズです。長時間装用が可能で、乱視の矯正力にも優れています。

装着時の異物感があるため、慣れるまでに多少の時間が必要で、時によってはちょっとした拍子に白目にズレてしまったり、外れてしまったりと言うことがあるため、激しいスポーツには不向きなレンズです。ゴミなどが入った時の異物感が大きく、痛みもあるため欠点に見られがちですが、我慢しながら使用することが困難なため、目を傷つけたとしても大事に至る危険性が少ないと言われています。

基本的には寝る前にレンズを外して洗浄保存液でケアし、翌朝装着するという終日装用のスタイルで使用しますが、中には医師の許可の下、寝ている間もそのまま装着し続ける、連続装用が可能なレンズもあります。

1日使い捨てコンタクトレンズの特徴・メリット

1日だけ使って新しいものに取り換えるタイプのソフトコンタクトレンズです。

毎日新しいものを使うので、衛生的というメリットがあります。「普段はメガネを使っていて、時々コンタクトを使う」といった方には特におすすめ。
メガネやハードコンタクトレンズを使用している人の中には、激しいスポーツをするときだけ1デイのソフトレンズを使っているという人も多いようです。

ケアの必要がないので、手軽に使用できるのもメリット。ただし、ほかのタイプに比べると少々割高に。とは言え、現在は大分リーズナブルな価格で購入できるようになりましたので、利用者はどんどん増えているようです。

1週間連続装用コンタクトレンズの特徴・メリット

1週間で使い捨てるタイプのソフトレンズの中には、寝ている間もレンズを装着したままでいられる、連続装用のものがあります。

1週間外さないので、面倒なケアの必要がありません。
ただし、ソフトレンズは乾燥しやすく、涙の量が少なくなる就寝中に装着し続けると、目を傷つけてしまう危険があります。
眼科医の指導の下で、慎重に使用する必要がありますが、目の安全性の観点から、やむを得ない以上がない限りその許可を出さない医師が多いようです。 

2ウィーク使い捨てコンタクトレンズの特徴・メリット

朝装着して寝る前に外す、終日装用のスタイルで2週間使えるソフトレンズ。開封から2週間で新しいものに取り換えます。

コストと使いやすさ、性能の面で最もバランスが取れているのが2週間使い捨てタイプだと言われており、各メーカーからたくさんの種類の商品がラインナップされていますが、1日使い捨てタイプがリーズナブルに購入できるようになり、やや1日使い捨てタイプの方に人気が傾きつつあります。とは言えやはり初心者でも慣れやすいですし、毎日使ってもそれほどコストが上がらないというメリットはやはり捨てがたい魅力です。

ただし、連続装用ではないので毎日外してケアする必要があります。

1ヶ月使い捨てコンタクトレンズの特徴・メリット

1ヶ月間、終日装用して新しいものに交換するタイプのソフトレンズです。
2週間の使い捨てタイプと使い方はほぼ同じですが、レンズのコスト的には少し安くなるようです。
ただし、2週間タイプよりもラインナップされている商品数が少なく、選択肢が限られてくるデメリットがあります。外した後のケアが必要ですし、2ウィークタイプと比較すると衛生面にも注意する必要があります。

カラーコンタクトレンズの特徴・メリット

瞳の色をファション感覚で変えられるカラーコンタクトレンズのほか、最近では瞳の輪郭をはっきり大きく見せるサークルレンズが人気です。

カラーコンタクトレンズには、度が入っているものと無いものがあり、使い捨てのソフトタイプのレンズがほとんど。
1年使用できるものから、1ヶ月、2週間、1日使い捨てのものまで様々揃っています。手軽に使える反面、目のトラブルも多いのでしっかりとしたケアが必要です。 

 
 
 
処方箋なしで買えるコンタクトレンズ通販ショップランキング