処方箋がいらない理由

アメリカやヨーロッパなどの各国では、コンタクトレンズは高度な医療用器具と指定されており、医師による処方箋の提示が義務づけられているところが多いようです。
その一方、日本の場合は、インターネット通販などでコンタクトレンズを購入する際に、眼科医による処方箋や指示書の提示は必要ないとされています。

なぜ日本では処方箋が必要ないのか、その理由や注意点などについて解説していきたいと思います。 

現在の薬事法上は処方箋の提示が不要

日本の医療法では、眼科医がコンタクトレンズを営利行為として販売することができないので、多くの場合は眼科の隣に併設された販売店に、眼科で発行してもらった処方箋を提示して購入することになります。

医師の診断に基づいてコンタクトレンズを選ぶので安心ですが、このシステムでは消費者が自由に販売店を選んでレンズを購入することができません。

初めてコンタクトを購入した時に、このシステムに戸惑った方も多いかもしれませんね。

眼科の中には、指定の販売店以外では購入できませんと断り書きがされていたり、院外への処方箋の持ち出しを断られるところもあるので、「コンタクトレンズは眼科の隣の店で買うもの」というイメージをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

しかし、2005年4月から施行されている改正薬事法によると、コンタクトレンズは高度管理医療機器と定められていて、この機器を販売する店舗には医療機器販売業の許可が必要であるとされていますが、販売の際に処方箋の必要の有無に関しては定められていません。

消費者側の視点で見ると、初めてコンタクトレンズを使用する際に眼科で診察を受けたデータがあれば、再購入するときには自由に購入するお店を選ぶことができるわけです。

忙しい時にわざわざクリニックに行って診察を受ける必要もありませんし、ネットで安くレンズを手に入れることもできますね。

眼科医による処方や指示に基づいて購入することが原則

医師の処方箋なしでコンタクトレンズを購入できる背景には、購入する人が「眼科医による診察を受けてコンタクトレンズの処方を受けている」という事実を前提としています。

ですから、初めてコンタクトレンズを装着するという方や、しばらくコンタクトを休んでいて久しぶりに購入するという方は、必ず眼科で検査を受け、医師の処方を受けなければなりません。

ネットでコンタクトレンズを購入する際には、自分の目に合った商品を選ぶために、レンズデータを確認する必要があります。

初めてコンタクトを装着する方は、正確なデータを測定しないままレンズを購入することはできませんし、久しぶりに装着する方の場合は、視力が変化していることも考えられますから、今の目の状態に合った正確なデータが必要なのです。

定期検査は必ず受けておくこと

目の健康のためには、やはり定期的な検査を受けておくことが重要です。

視力や目の状態は時間を経ると必ず変化してくるもの。

いくらレンズ購入の際に医師の処方箋が必要ないとはいえ、何年も検査を受けずに同じレンズを装着し続けると危険な場合もあります。

コンタクトレンズの装着法を間違ってしまったために起こる害や、目の疾患も多数報告されていますから、気になる方は必ず眼科医の診察を受けるようにしましょう。

 
 
 
処方箋なしで買えるコンタクトレンズ通販ショップランキング