自分にピッタリのレンズの選び方

快適でクリアな視界と目の健康を保つためには、適切なコンタクトレンズ選びが重要。

自分の目の状態や生活スタイル、目的などを確認して、ピッタリのレンズを吟味して選びましょう。

いくつかのパターン別におすすめのレンズをご紹介しますから、これをご自身のレンズ選びの参考にしてみてくださいね。

目の状態に合わせて選ぶコンタクトレンズ

コンタクトレンズは目に直接装着するものなので、目のコンディションや体質などを第一に考えて選ぶべき。目の状態別にどのようなレンズを選んだら良いのかを解説しましょう。

  • 乾燥しやすい

ドライアイの傾向がある方の場合は、ハードコンタクトレンズがおすすめ。ハードレンズはサイズが小さくて目の中で良く動き、涙を行き渡らせるので、水分量が少ない方でも快適に過ごせます。
乾燥しやすいと言われるソフトコンタクトレンズは避けた方が無難ですが、ハードコンタクトの異物感が気になる方は、1日使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズを選ぶと良いかもしれません。
さらに、レンズを選ぶ際に目薬を使用できるかどうかもポイントになります。

  • 乱視がある

強度の乱視や近視の方には、乱視の矯正力に優れ、幅広い度数範囲のあるハードコンタクトレンズをおすすめします。

ただ現在は使い捨てソフトコンタクトレンズの中にも乱視矯正用や幅広い度数範囲のレンズもあるので、ハードコンタクトがどうしても苦手と言う方はソフトコンタクトレンズをお試しになるのもいいかもしれませんね。

  • 充血しやすい

目の充血や炎症などが気になるときには、目の負担にならないレンズを選ぶのが鉄則。

目の充血に関しては、ハードコンタクトが角膜上で動くことによる機械的な刺激により充血を起こす方もいるので、そのような方はソフトコンタクトに変えると充血が治まったりするケースも多々あるようです。
またハードコンタクトの装着者の中には装着液や、人口涙液などの併用で改善がみられる方もいます。

炎症などを起こしやすい方は目にゴミなどが入った時に異物感を感じてすぐに気付きやすく、重篤な書状に至りにくい酸素透過性ハードなどがおすすめです。

充血にしても炎症にしても、なぜそのような症状が出てくるのか、原因を突き止めることが大切ですね。そういう意味でも定期検査は欠かせませんね。

  • 花粉症などのアレルギー症状がある

花粉の季節はレンズに花粉がつきやすくなりますし、普段よりも異物感が強くなったり乾燥が激しくなることもあります。ついてしまった花粉を毎日確実に落とすのは大変なので、できるだけ装用時間を短くして、毎日交換をする1日使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズがおすすめ。

また涙液中の汚れを吸収しにくい酸素透過性のハードレンズなど、目の負担になりにくいレンズを選ぶのも、良い方法のひとつでしょう。

ライフスタイルに合わせて選ぶコンタクトレンズ

目の状態と合わせて考えたいのは、装着する時間や使用目的、お仕事の内容などのライフスタイルによる要素。
目的によっても適するレンズが変わってきますので、ライフスタイル別のおすすめレンズについて考えてみましょう。

  • パソコン作業が多いお仕事の人

パソコンやスマートフォンなどの画面を長時間見ていると、自然に瞬きの回数が減ると言われています。瞬きしないまま画面を凝視し続けるので、涙の量が減って目の乾燥を招いてしまうことに。乾燥しにくく汚れもつきにくいハードレンズがおすすめですが、ソフトレンズを選ぶならシリコンハイドロゲル素材のものや、衛生的に使用できる1日使い捨てタイプのものを選ぶと良いでしょう。

  • 夜勤が多いお仕事の人

夜勤のお仕事が多い方は、必然的にレンズの装着時間が長くなってしまいます。ソフトコンタクトレンズを長時間装着し続けると、目への酸素不足が深刻になってしまうので、酸素透過率の高いハードコンタクトレンズがおすすめ。ソフトの場合はシリコンハイドロゲル素材など、酸素透過率にこだわったものを選択しましょう。

また、装着時間が長くなったなと思ったら、レンズを外してメガネにするなど、目への負担を軽減する工夫も必要です。

  • 激しいスポーツをする人

ぶつかり合ったりジャンプしたり、ハードなスポーツを楽しみたいときは、衝撃に強くて外れにくいソフトコンタクトレンズが最適です。普段メガネやハードコンタクトを愛用している方でも、スポーツをする日は1日使い捨てタイプのソフトコンタクトにする、という人も多いようです。

  • ケアするのが億劫な人

毎日のレンズケアが面倒だと感じる方は、外したら捨てて新しいものを使用する1日使い捨てタイプのソフトコンタクトがベスト。毎日装着する人の中にはコストが心配な方がいらっしゃると思いますが、その場合はソフトレンズよりもハードレンズを選んだ方がいいかも。レンズのケアはハードレンズの方が簡単で衛生的にも優れています。

  • しっかりメイクすることが多い人

コンタクトレンズには、意外とお化粧汚れが付きやすく目の障害の原因となってしまうことも。濃いアイメイクを毎日したいという方には、1日使い捨てタイプのレンズをおすすめします。1日で使い捨てるタイプなら、衛生的に使えて便利です。それ以外のレンズを選ぶなら、クリーナーでしっかりこすり洗いができるレンズを選びましょう。

 
 
 
処方箋なしで買えるコンタクトレンズ通販ショップランキング