レンズデータの見方をチェック

ネット通販でコンタクトレンズを購入するときには、ご自身の目の状態を表すいくつかのデータを入力して注文することになります。
記号と数字を使って表されているデータなのですが、それぞれの記号や数字にはどのような意味があるのでしょうか?

間違えて入力してしまうと、自分の視力や目の健康を損なう恐れがある重要なデータですから、しっかり確認しておきましょう。 

レンズに関するデータ・その1「BC(ベースカーブ)」とは?

「BC」は、コンタクトレンズのカーブの度合いを数値で表現したもの。数字が大きいほどカーブが緩くなり、数字が小さいほどカーブはきつくなります。

目の表面のカーブにも個人差がありますから、ハードコンタクトなどを選ぶ際にはしっかりとベースカーブを測定しておかないと、カーブが合わなくてレンズが外れやすかったり、ずれて見えにくくなってしまったりといった弊害が出てしまいます。

使い捨てレンズの場合は1種類〜2種類ほどしかBCを設定していない商品がほとんどなのですが、ソフトレンズなので素材が柔らかく、多くの方の目にフィットするように設計されているようです。

レンズに関するデータ・その2「PWR(パワー)」とは?

「PWR」は、いわゆるレンズの度数のこと。-(マイナス)と+(プラス)の数字で表されるのですが、一般的にはマイナスが近視用、プラスが遠視用の度数となります。

商品の中には、「PWR」という記号ではなく「D」という記号で表記されていることもあるようです。マイナスやプラスの後の数字が大きくなればなるほど、度数は強くなります。

レンズに関するデータ・その3「DIA(ダイアメーター)」とは?

「DIA」は、レンズの直径を示すデータです。人間の黒目の直径は、日本人(成人)の平均で縦11.0〜横12.0㎜位だと言われています。

それに対してソフトコンタクトの場合はそれよりも大きく設計されており、平均的なDIAは14.0~14.2mmが主流のようです。デカ目カラコンになると14.2mm~14.5mmと言った商品もあります。

ハードコンタクトだと、黒目より小さく作られていて8.8〜9.0㎜くらいのサイズが多いようです。ハードコンタクトの場合は、「DIA」ではなく、「S(サイズ)」という表記をされていることもあります。

使い捨てのソフトコンタクトレンズの場合は、一部の商品を除き、DIAが1種類しか設定されていない商品が多く、その場合には特に選択は不要です。

乱視用レンズのデータ・「CYL(シリンダー)」と「AXIS(アキシス)」とは?

「CYL(シリンダー)」は乱視を矯正する“円柱レンズ”を意味する記号です。
乱視用レンズには、必ずこの「CYL」の記号が表記されているはず。逆に近視用の球面レンズのことは「SPH(酢フェアー)」という記号で表記します。

「AXIS(アキシス)」は“乱視軸”を意味している記号で、乱視を矯正する方向を表します。

※乱視用レンズを購入する際には、乱視の度数(CYLのPWR)と近視の度数(SPHのPWR)の両方のデータが必要になります。
さらに、CYLには乱視を矯正する方向であるAXISも必ず併記する必要があるので、すべての数字を間違えないように注意しましょう。

遠近両用レンズのデータ・「ADD(加入度数)」とは?

「ADD(アディション)」は加入度数という意味で遠近両用レンズに用いるデータです。近くを見るための度数と遠くを見るための度数の差を表すもの。
数字が大きくなればなるほど度数が強くなって、近くが見やすくなるようです。 

 
 
 
処方箋なしで買えるコンタクトレンズ通販ショップランキング